簡易裁判所で行える手続きは?

簡易裁判所

簡易裁判所ってどんなところ?

生活に密着した問題の解決を図る場

さまざまな手段を講じても債権を回収できない場合は、裁判所を利用することになります。「裁判」といっても、実はさまざまな手段があります。ここでは、簡易裁判所でできる手続きについてご紹介します。

簡易裁判所は、日常生活で起こるさまざまな揉め事を扱う最も身近な裁判所です。債権回収のほか、敷金返還、交通事故の損害賠償、クレジット・ローン問題など、生活に密着した問題を迅速かつ簡易に解決するため、全国各地に438か所も設置されています。

手続きに関する相談にも乗ってもらえる

身近な問題を取り扱うがゆえ、裁判所を初めて訪れる人でも、気軽に利用できるよう配慮されています。穴埋めで完成できる「定形訴状」、「定形調停申立書」が用意されており、手続きに関する相談にも乗ってくれます。

主な手続きは「支払督促」「少額訴訟」「民事調停」「民事訴訟」の4つ

簡易裁判所で行われる手続きには、主に以下の4つがあります。

支払督促 裁判所書記官が債務を支払うよう命じることで解決を図る
少額訴訟 裁判官の判決で解決を図る
民事訴訟より迅速に解決できるのがメリット
民事調停 話し合いによって円満な解決を図る
民事訴訟 裁判官の判決で解決を図る

債権回収の場合、上記4つのうちどの手続きも可能です。それぞれのメリットとデメリットを知り、自分にとってベストな方法を取りましょう。

「支払督促」とは?

書類審査のみの、一番迅速な手段

「支払督促」は、債権者の申し立てに基づき、裁判所書記官が債務を支払うよう命じるものです。請求金額の上限は設けられていないので、金額に関係なく利用できます。手数料は、請求額が10万円までなら500円、100万円までなら5000円と、民事調停の申し立てと同じく安価。簡単な書類審査のみで迅速に行われ、確定すると判決と同様の効力を持ちます

ただし、相手がその支払督促に対して「異議がある」と回答した時点で、通常の民事訴訟に移行することになります。何度も話し合いをしても支払わなかった相手が、支払督促のみで支払ってくれる可能性は薄いかもしれません。

支払督促のメリット

・簡単で迅速に手続きができる。

支払督促のデメリット

・相手も簡単に異議を申立てることができ、異議が申立てられると通常の民事訴訟に移行する。

「少額訴訟」とは?

60万円以下のトラブルを迅速に解決

民事訴訟のうち、60万円以下の支払を求める場合には、「少額訴訟」が利用できます。審理は1回のみで、すぐに判決が言い渡されるのが特徴です。そのため、その場で取り調べられる証拠しか持ち込めません。契約書など証拠書類や証人をすぐに用意できる場合には、こちらの利用を検討してみるのがよいでしょう。ただし、利用回数に制限があり、年間に10回までとなっています。

また、小額訴訟は一審限りで上訴することもできません。不服がある場合には簡易裁判所に異議を申し立て、異議が認められた場合には、通常の民事訴訟へと移行することになります。少額訴訟の手数料は、後で紹介する通常の民事訴訟と同じです。

少額訴訟のメリット

・審理が1回のみでスピーディーに解決できる。

少額訴訟のデメリット

・証拠は審理の日に調べられるものに限られるので、複雑な案件には向かない。

「民事調停」とは?

話し合いによって円満な解決を図る

お互いに話し合う気持ちはあるものの、なかなか話がまとまらない。そんな時は「民事調停」を利用しましょう。調停員が仲介し、お互いに納得が行くまで話し合うことができます。そして、この場での決定事項を記した「調停調書」は、確定した判決と同じ効力を持ちます。また、訴訟とは違い非公開で行われますので、他人に知られたくない場合にも民事調停が有力な手段となります。

民事調停を行うには、簡易裁判所に「調停申立書」を提出しなければなりません。この申立書は、裁判所の窓口に置いてある記入例を見ながら、簡単に記入できるもの。調停終了までの手続きも難しいものではありません。手数料についても、請求額が10万円までなら500円、100万円までなら5000円と、民事訴訟の半額となっています。

民事調停のメリット

・お互いに納得できる円満な解決が図れる。
・非公開のため、秘密を守れる。
・訴訟よりも早く解決できる。(調停で解決した事案の80%以上は3か月以内に解決しています)

民事調停のデメリット

・相手に話し合う姿勢がある時にしか利用できない。

「民事訴訟」とは?

判決によって解決を図る

相手の態度が頑なで全く話し合うことができない。そんな時には「民事訴訟」を起こすしかありません。裁判官が双方の言い分を聞き、証拠を調べた後、判決を出すことによって、問題の解決を目指します。

簡易裁判所では、請求金額が140万円以下の事案のみを取り扱い、基本的には、相手の住所を管轄する裁判所で起こします。本人訴訟も可能ですが、企業間のトラブルに強い弁護士に依頼する方が、納得の行く判決を望むことができます。また、民事訴訟の手数料は請求金額によって異なり、請求金額が10万円の場合は1000円、30万円の場合は3000円、100万円の場合は10000円となっています。

民事訴訟のメリット

・話し合う余地のない相手とでも問題の解決を図ることができる。

民事訴訟のデメリット

・解決までに時間が掛かり、費用が嵩んでしまう。

訴訟は弁護士なしでも起こせる。でも…

裁判は債権回収の最終手段

あらゆる手を尽くしたにも関わらず、取引先が代金を支払ってくれない。そんな時の最終手段が裁判です。簡易裁判所での手続きといっても、やはり法的な知識は必要となります。最終的にどのような方法を取るにせよ、まずは弁護士に相談してアドバイスを受けたうえで、最適な手段を選ぶことをおすすめします。

都道府県から弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
企業経営に法的リスクは避けられない

法的トラブルでお困りならまずは相談
企業法務に強い弁護士事務所29

  • 不利な条件の契約書になっていないのかチェックして欲しい。
  • 債権回収する上でトラブルが起こってしまった。
  • 残業代請求やパワハラで従業員に訴えられて困っている。
  • 会社を破産・清算したい。
  • 顧問弁護士を探している。
企業法務に詳しい弁護士を探す

【注目】企業法務に強い弁護士

ビジネスに安心を。企業法務の実績と経験が豊富なプロフェッショナル
東京・京橋法律事務所
東京・京橋法律事務所
スマホ・携帯からも通話可能
0066-9687-7944
受付時間
平日9:00~18:00

顧問弁護士相談広場は、企業法務に詳しい弁護士を必要としている中小企業・個人事業主から大企業のためのポータルサイトです。契約書や債権回収、労働問題など企業経営に役立つコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。会社経営で弁護士に相談する必要がある状況は、たびたび訪れます。顧問弁護士は、もしもの場合の法務トラブルを解決するだけでなく日常業務の効率化にもつながります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2016 Agoora.inc.

TOP