法律事務所横濱アカデミア(平賀大樹弁護士)

フットワーク軽く問題に即応! トラブルがあれば、まずご相談を

相談料初回無料顧問契約料30,000円/月~
法律事務所横濱アカデミア(平賀大樹弁護士)法律事務所横濱アカデミア(平賀大樹弁護士)サムネイル0法律事務所横濱アカデミア(平賀大樹弁護士)サムネイル1法律事務所横濱アカデミア(平賀大樹弁護士)サムネイル2

得意分野

  • 顧問
    弁護士
  • 契約書
    作成
  • 債権
    回収
  • 労働
    問題
  • 登記
    不動産
  • 事業
    再生
  • 消費者
    対策
  • 事業
    継承
  • FC
    法律
  • 知的
    財産
  • 海外
    案件
  • IT
    分野

お電話でのご相談窓口

0066-9687-7218 受付時間毎日 9:30〜18:30

料金表

相談料 初回無料(次回から30分5400円(消費税込))
顧問料 3万円/月(消費税別)~
(但し、依頼者の需要に応じて、顧問料は柔軟に対応いたします)

お電話でのご相談窓口

0066-9687-7218 受付時間毎日 9:30〜18:30

法律事務所横濱アカデミア(平賀大樹弁護士)の特徴

弁護士登録以来、ずっと横浜で活動

「話しやすさ」を大事に、何でも丁寧に耳を傾ける

横浜市神奈川区の「法律事務所横濱アカデミア」に在籍する弁護士の平賀大樹です。「対話を通じてお客様の権利を実現したい」という事務所のテーマに沿って、お客様に真摯・誠実にご対応。納得のいく解決を導くために尽力します。

地元神奈川の出身で、弁護士登録以来、ずっと横浜で弁護士業務を行ってきました。法律事務所はとかく「敷居が高い」と言われがちですが、私は「話しやすさ」を大事にしながら、何でも丁寧に耳を傾ける姿勢を心がけています。事務所は横浜駅「きた東口A」から徒歩1分の便利な場所にありますので、いつでも遠慮なくご連絡ください。

顧問弁護士をもつメリットは?

突発的なトラブルにも即応できる点が強み

法律事務所横濱アカデミア5

企業法務に関連したトラブルが発生した場合、スポットの弁護士の場合には、「相談者の会社がどのような会社なのか」についてのヒアリングから行うことが必要であり、法律相談の大半がその説明で終わってしまうことも珍しくありません。

その点、顧問弁護士はクライアントのビジネスや事業上の特徴などをしっかりと把握していますから、何かの問題があっても事態にすぐに対応できます。紛争発生→相談→事件着手→紛争解決と迅速に事件に着手でき、相談を電話やメールで済ませれば、当日事件が解決するケースも珍しくないのです。トラブルに対応する上でのストレスが、スポットと顧問の弁護士では大きく異なるといえます。

また顧問弁護士を置くことのメリットは、トラブルが顕在化してからの対応はもちろん、「予防法務」の点でも成果を得られる点でしょう。契約書の日常的なチェックやクレーム対応、労使の問題などへの日頃からの対処によって、問題の拡大や複雑化を防げます。

顧問弁護士のサポートでリスク回避を

正しい契約書の作成がビジネスを成功に導く

たとえばインターネットでダウンロードしたひな型を汎用して、実際の契約書を作成する経営者の方もおられますが、契約上の不備や落とし穴が生じることが多く、ビジネス上も危険極まりないといえます。また取引相手から出てきた契約書をそのまま鵜呑みにしてしまうことにも注意が必要で、法律の専門家によるチェックを経ることは非常に重要なのです。

こうした実務への対応で、経営者の方が本業に割くべき時間を失ってしまうのは非常にもったいないこと。一方でビジネスを成功に導くための条件として、正しい契約書や合意書を交わすことは必須といえますから、顧問弁護士を有効に活用することで、事業上のリスク回避へとつなげてほしいと思います。

時間は有限であり、一方でビジネスはスピード感を持って行うことが欠かせません。当職は経営者の方々には時間を有効活用し、本業である経営業務に集中していただきたいと考えています。経営者の身近なパートナーとして継続的なサポートをご提供いたします。

労働問題の経験豊富な弁護士

就業規則の作成には弁護士の視点を入れるべき

法律事務所横濱アカデミア4

当職はこれまでのキャリアで労働問題を数多く手掛けており、就業規則の作成についての実績も多数あります。就業規則は社会保険労務士の業務領域と考えられがちですが、紛争対策という観点を加えるなら弁護士のノウハウを活かすほうが有効でしょう。

労働審判や裁判になるような労使間の争いについては、弁護士でなければ代理人になることはできず、他の士業では臨機応変に問題に対応できません。近年、不当解雇の地位確認請求や未払い残業代請求の問題など、従業員側からの厳しい要求や請求が増えており、経営者の方の頭を悩ませているようです。

顧問弁護士は紛争解決のプロとして、労使間の事情も全て理解した上で、事前のリスク回避や問題の拡大を防ぐためのノウハウを提供します。その結果、経営者の方には、経営判断に集中していただくことができますからご相談ください。

インターネット関連の対策もお任せを

また最近ではインターネットの掲示板への「誹謗中傷」「名誉毀損」にあたる書き込みへの削除の相談も増えています。スピード感を要する対策が必要な場合もあり、当職は柔軟な思考と迅速な対応力で、被害が大きくなる前に早急に対処いたします。

取引先の信頼を得るためにも有益

コンプライアンス面への注力で高評価を獲得

大手企業に対して、中小企業の経営者や個人事業者の方はコンプライアンスの部分まで手が回らないのが実状かもしれません。ただ、大手企業ほど取引相手も慎重に選定する傾向があり、コンプライアンスの面に注力している企業は、それだけで高い評価につながることも多々あるようです。

つまり顧問弁護士を置いていることは、コンプライアンスに注力している最も分かりやすい表れであり、取引相手からの信頼が高まり自社の利益につながるケースが多々あります。企業の法務部をアウトソーシングするようなイメージでコンプライアンス面の充実をはかり、企業価値の増大をはかってみてはいかがでしょうか。

弁護士の法的ノウハウを企業成長に活かしてほしい

また当職は法律的な観点から、どうすれば企業の成長につながるかを常に優先して考える点も重視しています。顧問弁護士は決してストップをかけることが役割ではなく、「どうすれば可能になるか」を経営者と一緒に考えていくことが仕事であると認識しています。法的ノウハウを企業成長に活かしていく中で、積極的なサポートを提供しますので顧問弁護士を有効に活用いただければ幸いです。

当事務所はリーズナブルな費用体系で、柔軟なプランのなかで日々の顧問サービスを提供しています。また顧問先に対して事件化した法律相談が生じた場合には、着手金なども割引対応させていただいていますのでメリットが大きいと思います。

平賀大樹弁護士からのメッセージ

トラブルがあれば、まずはスポットからの相談でもOK!

中小企業には顧問弁護士など必要ない、と考えておられる経営者の方もおられるかもしれません。でも何かの小さなトラブルや、トラブルになりそうな問題であることを感じた際には、遠慮なく弁護士に相談してみてください。それによって問題の顕在化を防ぐことができ、顧問弁護士を置くことのメリットについて感じていただけると思います。

いきなり顧問弁護士を、ということでなくとも、まずはスポットでのご相談で構いませんので気軽にご連絡をいただければ幸いです。フットワークの軽さを強みに、お客様先への訪問も積極的に行っていますのでどうぞご相談ください。

所属弁護士

平賀 大樹(ひらが ひろき)

平賀 大樹

登録番号 No.47698
所属弁護士会 神奈川県弁護士会
法律事務所横濱アカデミア(平賀大樹弁護士)
法律事務所横濱アカデミア(平賀大樹弁護士)
スマホ・携帯からも通話可能
0066-9687-7218
受付時間
毎日 9:30〜18:30
メールでお問い合わせ
GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。

対応エリア

神奈川県横浜市神奈川区金港町5-36 東興ビル7階

アクセス

JR横浜駅「きた東口A」から徒歩1分

お電話でもご予約可能

0066-9687-7218 受付時間毎日 9:30〜18:30

法律事務所横濱アカデミア(平賀大樹弁護士)について

所属弁護士

事務所概要

事務所名 法律事務所横濱アカデミア(平賀大樹弁護士)
代表者
住所 〒221-0056 神奈川県横浜市神奈川区金港町5-36 東興ビル7階
電話番号 0066-9687-7218
受付時間 毎日 9:30〜18:30
定休日 なし
備考

お電話での受付窓口

0066-9687-7218 受付時間毎日 9:30〜18:30

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2016 Agoora.inc.

TOP