ひめじ城下町法律事務所

日ごろのコミュニケーションを大事に、 法的トラブルを防ぎます

相談料5,000円~/30分顧問契約料3万円~/月
ひめじ城下町法律事務所ひめじ城下町法律事務所サムネイル0ひめじ城下町法律事務所サムネイル1

得意分野

  • 顧問
    弁護士
  • 契約書
    作成
  • 債権
    回収
  • 労働
    問題
  • 登記
    不動産
  • 事業
    再生
  • 消費者
    対策
  • 事業
    継承
  • FC
    法律
  • 知的
    財産
  • 海外
    案件
  • IT
    分野

お電話でのご相談窓口

0066-9759-7854 受付時間平日 9:00〜18:00

料金表

相談料:5000円/30分(税抜)

顧問料:月額3万円~(税抜)

お電話でのご相談窓口

0066-9759-7854 受付時間平日 9:00〜18:00

ひめじ城下町法律事務所の特徴

親しみやすく、アットホームな法律事務所

お客様との緊密なコミュニケーションを重視

「ひめじ城下町法律事務所」は2015年に開設した姫路市の弁護士事務所です。代表弁護士の竹内彰と横山彬の2名が、地域に根差した活動を展開。親しみやすく、アットホームな雰囲気づくりに留意するなかで、お客様の良きパートナーとして一緒に問題解決に尽力してまいります。

当事務所は顧問先との緊密なコミュニケーションをつねに重視し、情報交換を活発にしながら、疑問や質問、課題解決についてすぐにお応えできる態勢を心がけています。お客様先に出向いてご相談に乗ることも多く、フットワークの軽さも大切にしています。

相談時間は原則平日9時~18時ですが、ご予約は24時間いつでも可能です。状況次第で平日夜間・当日・土日祝日の面談もお受けできますので、まずは遠慮なくお申し込みください。

顧問弁護士をつけるメリットとは?

法的トラブルに見舞われないよう普段からサポート

企業経営を続けていくなかでは、さまざまな法的なトラブルに直面するリスクが常にあります。たとえば新規事業を進める際に、取引先との契約内容に不備がないか。また得意先や顧客からのクレームの発生、従業員との労務問題や債権回収のリスクなど、経営者の頭を悩ませそうな問題はたくさんあると思います。

こうしたリスクはどの企業にも必ず存在するものですが、重要なのはリスクがトラブルとなって顕在化するかどうかです。つまり、リスクをリスクのままで封じ込め、トラブルとなることを防ぐことができれば、企業にとってのダメージはほとんど無いに等しいわけです。

顧問弁護士をもつメリットの多くは、まずはその点にあります。日常からの効果的な対応によって、企業が法的トラブルに見舞われないよう予防法務的な役割を担うのが、顧問弁護士の大きな役割なのです。

契約書の作成やチェックは慎重に

契約の際には弁護士の視点を入れたほうが良い

取引先との契約書に関する話で言いますと、たとえば顧問弁護士が関わらずに作成したために契約書の内容が不完全で、「書面に明記されていないような想定外のトラブルが起きた」としましょう。

顧問弁護士がいれば、こうしたトラブルが起きるような契約書は作らない、ということがまず言えます。そして、契約書に明記されていない事柄でのトラブルは、法的知識のない中でのやり取りになると、問題がこじれてしまいがちです。契約条文にないからこそ、法律に照らし合わせた合理的な解釈が求められ、顧問弁護士が解決に当たることで最小限のリスクで折り合いをつけることができるのです。

顧問弁護士は、顧問先企業の事業内容や会社の実情などをしっかりと把握していますから、契約書の作成やチェック、および運用においても臨機応変に対応することが可能です。リスクをトラブル化させない、仮にトラブルになってもダメージを最小限に抑えることができる存在として、ぜひ顧問弁護士を活用ください。

労使のトラブルを防ぐために

就業規則の作成やチェックのサポートも可能

また従業員に対する労務管理の問題も、法的トラブルに発展しないような状況を日ごろから作っておくことが大切です。未払残業代の請求が生じないようなリスクヘッジの方法や、不当な退職勧奨にならないような対応の仕方など、紛争を避けるための対応を行っていきます。

また就業規則の作成についても、弁護士の視点を入れることで紛争回避の要素をより高めることができます。就業規則は社労士の方が作成されていることが多いと思いますが、当事務所でもうまく連携しながら、より良い就業規則になるようサポートしていきます。

クレーム対応は慎重に

従業員のモチベーション低下を防ぐことも大切

企業活動を進めていく上で、たとえば顧客やユーザーからのクレームも、日常的に発生し得る紛争リスクのひとつです。この対応を間違ってしまうと、わずかなトラブルに過ぎなかったものが大きな問題となり、社会的な信用を失ってしまうようなことにもなりかねません。

また難しい顧客からのクレームがあった場合には、それに対応する従業員の疲弊の度合いが深まり、仕事へのモチベーションにも大きく影響してきます。本来の業務に専念して前向きに仕事に向き合ってもらうためにも、そうしたクレーム対応には顧問弁護士が当たるほうが建設的といえるでしょう。

売掛金の未回収は早めの対処を

回収リスクを低減する具体的なアドバイスを提供

取引先への売掛金の回収も、ときに経営者の頭を悩ませる問題になり得ます。未回収がかさんでいくと、額によっては経営を圧迫することにもなりかねず、早期の対応が欠かせません。その一方で、企業にとって売上の確保は生命線ですから、未回収の売掛金が生じたからといって、早々に取引を打ち切る判断はできないでしょう。

そうしたときに、顧問弁護士がサポートすることで、深刻な売掛金未回収が生じた際の迅速かつ的確な対応や、回収リスクを軽減するための具体的な方法を講じることができます。こうした対応も、日ごろから緊密なコミュニケーションをとれる顧問弁護士ならではのメリットといえると思います。

「敷居の低い事務所」が身近で支えます

依頼の内容に応じて柔軟な費用体系でご対応

当事務所は「敷居の低い事務所」であることをいつも大事にしており、お客様が疑問に思うことや分からないことがあれば、何でも気軽に電話やメールなどでお聞きいただきたいと思っています。

日ごろからのそうした関係性のなかで、紛争やトラブルの芽や火種になるものが見つかるかもしれません。それを一つひとつ丁寧に解決することによって、企業活動が円滑に進むためのお手伝いになると考えています。

問題になる前に、その芽を摘み取ることが顧問弁護士の存在意義といえます。トラブルを未然に防ぐ「予防法務」にぜひ重きを置いていただき、顧問弁護士の活用をご検討ください。当事務所では、お客様のご依頼の内容に応じて柔軟な費用体系でサポートさせていただきます。

ひめじ城下町法律事務所からのメッセージ

何かのトラブルや課題を抱えている時はご相談ください

弁護士は敷居が高く、お金がかかるというイメージをお持ちの方も少なくないかと思いますが、今は決してそんなことはありません。何かのトラブルに直面している経営者の方はもちろん、日常的な課題や問題を抱えておられる際には、当事務所で解決できることがあるかもしれません。まずはお気軽にご相談ください。

ひめじ城下町法律事務所
ひめじ城下町法律事務所
スマホ・携帯からも通話可能
0066-9759-7854
受付時間
平日 9:00〜18:00
メールでお問い合わせ
GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。

対応エリア

兵庫県姫路市三左衛門堀西の町66 SHOWX浦上102

アクセス

駐車場完備

お電話でもご予約可能

0066-9759-7854 受付時間平日 9:00〜18:00

ひめじ城下町法律事務所について

所属弁護士

事務所概要

事務所名 ひめじ城下町法律事務所
代表者 竹内 彰
住所 〒670-0940 兵庫県姫路市三左衛門堀西の町66 SHOWX浦上102
電話番号 0066-9759-7854
受付時間 平日 9:00〜18:00
定休日 土日祝日
備考

お電話での受付窓口

0066-9759-7854 受付時間平日 9:00〜18:00

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2016 Agoora.inc.

TOP