東京スタートアップ法律事務所

起業家弁護士がベンチャー&新規事業の ビジネス成長をサポート!

相談料初回1時間無料顧問契約料3万5000円~/月
東京スタートアップ法律事務所東京スタートアップ法律事務所サムネイル0東京スタートアップ法律事務所サムネイル1

得意分野

  • 顧問
    弁護士
  • 契約書
    作成
  • 債権
    回収
  • 労働
    問題
  • 登記
    不動産
  • 事業
    再生
  • 消費者
    対策
  • 事業
    継承
  • FC
    法律
  • 知的
    財産
  • 海外
    案件
  • IT
    分野

お電話でのご相談窓口

050-5267-6737 受付時間毎日8:00〜23:00

料金表

顧問料月額3万5000円〜

お電話でのご相談窓口

050-5267-6737 受付時間毎日8:00〜23:00

東京スタートアップ法律事務所の特徴

スタートアップやベンチャー企業を支援

弁護士としてイノベーション創出の一翼を担いたい

東京スタートアップ法律事務所は、永田町から徒歩3分の便利な立地にある弁護士3名の法律事務所です。企業活動に伴って発生する法律問題全般に対し、最善のソリューションを提供することを目的に、代表弁護士の中川浩秀が設立しました。

当事務所では名前の通り、スタートアップやベンチャー企業を対象にした法務サポートにこだわって活動しています。社会を変え、世の中を進展させていくのはイノベーションの力であり、その創出に一翼を担っているのが起業家です。

しかしながら日本では、法規制によって既存団体の利権が優先され、新しいサービスやプロダクトの多くが提供を阻まれているという現実があります。それによってせっかく起業家が新しいことをやろうと思っても、その事業を諦めがちなのが現状なのです。

起業家に最大限に寄り添うサポートができないかと思案…

代表弁護士の中川は、前職の事務所に在籍していた当時、弁護士を一度休業して地域SNSを立ち上げ起業した事業経験があります。そのときに身をもって感じたのが、何か新しいことを始めようとしたときに、周りの弁護士は法的な観点からYESかNOかのジャッジをするだけ…ということでした。

もちろん法律家としての仕事はしているのでしょうが、もう少し起業家に寄り添う形でのサポートができないものか、と考えたのです。それが、私が弁護士として企業のスタートアップ支援や、ベンチャー企業の新規事業サポートに力を入れたいと思ったきっかけでした。

法律を突破し、世の中に新たな価値を創り出す

普通の顧問弁護士だと「法律に引っかかるから止めたほうがいい」と判断するかもしれないことも、「この方法はできないけれど、少し工夫すれば近いことができる」と提案できれば、ビジネスチャンスを逃すことはありません。

せっかく可能性のあるビジネスを発案しても、日本の既存の法律がその成長を妨げることは少なくないのです。そのとき従来の法律に甘んじるのではなく、リスクを取り、それを突破するための行動を起こせる弁護士をめざしたいと考えました。

ビジネスアイデアを練り、ビジネスモデルへと昇華させ、事業計画を作って投資家にプレゼンし、それをカタチにして世の中に新たな価値を生み出していく…。その過程で生じる多くの悩みや法律的な障害を突破すべく、当事務所がサポートさせていただきます。

ビジネスから法律面まで幅広いサポートを実施

杓子定規な判断でなく、成長を促す提案にこだわる

スタートアップや新規事業を考えている中小・ベンチャー経営者の方で、
「新しいビジネスを考えたので誰かの意見を聞きたい」
「法務だけでなく、ビジネスモデルや事業推進に知見を有する弁護士に話を聞きたい」
「新会社を設立予定だが、どのような準備をしていけば良いのかわからない」
「エンジェル投資家から資金援助の話があるが、妥当な金額や価値なのか判断がつかない」
「スタートアップやベンチャーの業界に精通した弁護士に対応してほしい」
「資金調達についての選択肢や、メリット・デメリットを聞きたい」
「経営面や事業面、法律面といった広範囲からのアドバイスがほしい」 …etc

といった思いをお持ちの方はおられませんか。

普通の弁護士は、その多くが法的に杓子定規に判断するだけで、ビジネスモデルに当てはめて良し悪しを判断できません。当職は起業時に資金調達について自ら実践していたこともあり、起業家のみなさまの気持ちがわかります。だからこそ「攻めと守り」のタイミングを見極めて、状況に応じたリアルな提案ができると考えています。

単なる契約書作成に留まらないサービスを提供

サービス内容の再考と、事業面の見直しをアドバイス

当事務所では現在、システムベンダーやPR会社、ITベンチャー、モノ作り企業、EC事業者など多くの業種のベンチャー企業・中小企業のサポートをさせていただいています。

たとえば20代半ばの女性がEC系のサービス事業で起業したいということで、会社設立前から顧問契約を結んでサポートしている例があります。

当初はユーザーに提示する利用契約書の作成依頼だったのですが、サービス内容についての話を聞いていくにつれ、事業の採算ベースに懸念があることが分かりました。そこで当事務所でサービス内容の再考を進言し、現在事業面をあらためて再構築しているところです。

ビジネスと法律の両面からアプローチ

通常の顧問サービスであれば、言われる通りに契約書を作成し、そのまま納品して報酬だけ得る…ということになっていたかもしれません。その意味でも当事務所では、法的サービスだけにとどまることなく、ビジネスサイドと法律サイドの両面からアプローチできる顧問サービスを提供したいと考えています。

IT法務にも強みをもつ法律事務所

各業界におけるプロフェッショナルと緊密に連携

いまや起業とITは切っても切れない関係となっています。システム開発を外部業者に委託する場合、要件定義などで齟齬のない業務委託契約書を交しておかなかったために、後でトラブルになるというケースは少なくありません。

またアプリやウェブを使った新しいプロダクトをローンチする場合には、利用規約やプライバシーポリシーの整備が不可欠です。当事務所では、このようなトラブルを未然に防ぎ、安心して自社のビジネスに取り組んでいただくためのあらゆるサポートを提供しています。

加えて当事務所では、税理士、会計士、有力ベンチャーのCFOなど、それぞれの業界におけるプロフェッショナルと提携し、企業活動におけるあらゆる問題に対処できる体制を整えております。各専門家と連携しながら企業のスタートアップを支援していきます。

東京スタートアップ法律事務所からのメッセージ

一緒にビジネスや事業を進めていくパートナーでありたい

私たちはつねに、新しい技術やアイデアで世の中に価値を創出するベンチャー企業を応援しています。起業したての経営者や、新規事業をやりたい会社の顧問弁護士として、当事務所を超えるところはないと自負しています。

ベンチャービジネスは、その冒険性ゆえに法的リスクを内包しています。テクノロジーやビジネスモデルに精通した当事務所の弁護士が、様々なベンチャー企業の支援を行います。当事務所は、法的リスクがあるが故にビジネスにブレーキをかけるのではなく、起業家の皆さんのアクセルになれるように努めてまいります。

従来の顧問弁護士のイメージとは一線を画すような、外部からのアドバイザーではなく、一緒に事業を進めていくパートナーでありたいと思っています。ビジネスの相談に乗ってくれる人が、たまたま弁護士資格をもっていた…という感じかもしれません(笑)。ぜひ、いつでも気軽にご相談ください。

東京スタートアップ法律事務所
東京スタートアップ法律事務所
スマホ・携帯からも通話可能
050-5267-6737
受付時間
毎日8:00〜23:00
メールでお問い合わせ
GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。

対応エリア

東京都千代田区麹町6-6-2 東急四谷ビル5F

アクセス

四ツ谷駅徒歩2分

お電話でもご予約可能

050-5267-6737 受付時間毎日8:00〜23:00

東京スタートアップ法律事務所について

所属弁護士

事務所概要

事務所名 東京スタートアップ法律事務所
代表者 中川 浩秀
住所 〒102-0082 東京都千代田区麹町6-6-2 東急四谷ビル5F
電話番号 050-5267-6737
受付時間 毎日8:00〜23:00
定休日
備考

お電話での受付窓口

050-5267-6737 受付時間毎日8:00〜23:00

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2016 Agoora.inc.

TOP