渋谷宮益坂法律事務所

経営者の一番の相談相手として、 企業をソフトにサポートします

相談料初回無料顧問契約料10,800円/月~
渋谷宮益坂法律事務所渋谷宮益坂法律事務所サムネイル

得意分野

  • 顧問
    弁護士
  • 契約書
    作成
  • 債権
    回収
  • 労働
    問題
  • 登記
    不動産
  • 事業
    再生
  • 消費者
    対策
  • 事業
    継承
  • FC
    法律
  • 知的
    財産
  • 海外
    案件
  • IT
    分野

お電話でのご相談窓口

0066-9687-7918 受付時間平日 9:30〜18:00

料金表

会社又は個人事業主の場合10,800円(税込み)~/月
個人の場合10,800円(税込み)~/月

お電話でのご相談窓口

0066-9687-7918 受付時間平日 9:30〜18:00

渋谷宮益坂法律事務所の特徴

弁護士2名があらゆる法的トラブルに対応

ソフトで柔らかい物腰の弁護士が丁寧にアドバイス

「渋谷宮益坂法律事務所」は渋谷駅から徒歩5分、表参道駅からも同8分のアクセス便利な場所にある弁護士事務所です。渋谷で開業する法律事務所がそれほど多くない中で、弁護士2名がお客様のさまざまな法的トラブルに親身に対応しています。

企業法務におけるあらゆる問題解決を担っていますが、弁護士の岩田裕介は、前職の事務所から労働関係の法律問題を数多く手掛け、労使紛争や労働審判について豊富な実績を蓄積。一方の砂子昌利弁護士は不動産関連や企業の破産関連の事件処理を得意としています。いずれもソフトで柔らかい物腰の弁護士ですから、何でも安心してご相談いただけます。

顧問弁護士をもつことのメリットは

トラブルとして顕在化しないための対策を実施できる

顧問弁護士をもつことの最も大きなメリットは、将来的なトラブルを回避できることです。特に法務部を独自に持つことが難しい中小企業の場合には、日常的な業務の中にどのような法的リスクがあり、どうリスクヘッジを行っておくべきか判断が難しい側面があります。

顧問弁護士を置くことによって、社内に法務部を持つことと同じ効果を、非常にリーズナブルなコストで挙げることが可能になります。顧問弁護士はお客様の事業内容や経営課題について日頃から的確に把握していますから、トラブルが発生した際にはすぐに具体的な紛争解決の手順に入っていけることも大きなメリット。問題がトラブルとして顕在化しないような措置を、普段からのサポートによって講じておくことが可能なわけです。

労働問題にも豊富な経験

従業員の解雇問題についてもトラブル化を回避

たとえば労働関係の問題では、固定残業代制や裁量労働制などの新たな制度導入を円滑に図りたいときや、就業規則の修正や改善などにおいても、法的トラブルの回避を見据えて実施することが可能になります。また、経営者が課題として抱えることの多い、従業員の解雇の問題にしても同様です。

経営者が独断で解雇通告を行ってしまうと、あとで訴訟になってしまうケースが少なくありません。その際に裁判で重要になってくるのが、従業員に対して事前に改善の機会を与えたか、改善すべき点について注意をしていたかといった問題なのです。

セクハラ、パワハラ…社員のトラブルにも迅速に対応

その点、事前に弁護士に相談いただければ、周到な用意や準備を行った上で、解雇する従業員と後の争いに発展しないような、段階的な進め方が可能になります。解雇に関する訴訟は、係争期間中も従業員に対する賃金の支払いが必要ですから、問題が長引くと経営面もデメリットは小さくありません。企業の予防法務を日常的に手掛けていく顧問弁護士だからこそ、事態に即応して紛争化を未然に防ぐことができるといえます。

また、実際に労働審判や訴訟(または仮処分)が申し立てられた場合の対応や、労働組合からの団体交渉申入れに対する対応についても確かな実績を有しています。さらに、パワハラ・セクハラなどの相談をはじめとした社員のトラブル解決もお気軽にご相談ください。メールやSNSを通じた企業秘密の漏えい、あるいは風評被害などの対策も、慎重かつ万全に行います。

契約書の作成・チェックは専門家の視点を

経営者が見落としがちな点も顧問弁護士がしっかりフォロー

一般に契約書は、提出した側に有利になるよう作成されています。その上、法律用語には難解な言い回しが多く、含まれている真意に気付かないことも考えられるでしょう。よく交わされるものに業務委託の契約書がありますが、ひな形を汎用しただけの書面では、委託の範囲が具体的に示されていなかったり、責任の所在が曖昧な内容になっているケースがよくあります。

そうした経営者が見通しがちな具体的な項目について、詳細を把握して指南できるのは、継続的に法律相談を担っている顧問弁護士です。契約書を交わす際には、依頼者の利益と取引の平等を確保するためにも、専門家のチェックを受けることを強くおすすめします。

当事務所では顧問弁護士として、単なる法的トラブルのリスクヘッジという捉え方だけでなく、今後の事業や取引の方向性を見据え、戦略的な要素も加味して企業の成長性を意識した契約書の作成につながるよう留意。顧問先の事業の可能性を広げられるような、未来型のアドバイスを念頭に置くことも心掛けたいと考えています。

債権回収は早めの対策が必須!

回収可能なタイミングで弁護士が交渉することが重要

債権回収についても、内容証明から強制執行まで、当事務所の弁護士が責任を持って直接手がけます。弁護士が受任したことを通知すれば、内容証明の送付だけで事態が進む場合もありますので、状況に応じて相談しながら手続きを進めていきます。

債権回収は、相手方が破産しかかっているような段階ではすでに回収も困難です。まだ資力がある場合に、弁護士の交渉によって返済プランを提示したり、差し押さなどの強制措置を早めに取ることで回収の可能性も高まります。

回収すべきタイミングに弁護士が効果的に交渉を行うことが重要であり、速やかに対策を講じることができる顧問弁護士であるからこそ、事態に的確に対応できるといえるでしょう。

他の士業や専門家とのネットワークが豊富

若い弁護士ならではのフットワークの良さも武器

当事務所は、日頃から社会保険労務士や司法書士、税理士や不動産業者などの専門家と連携しながら円滑な問題解決を目指しています。また、ご都合に応じて可能な限りお客様先にも出向くなど、若い弁護士ならではのフットワークの軽さもアピールポイント。「弁護士の敷居を低くして、多くの機会で使っていただきたい」という思いを大切にしています。

渋谷宮益坂法律事務所からのメッセージ

顧問先企業の成長や発展につながる点にやりがい

顧問弁護士の仕事は、自ら手掛ける予防法務やトラブルの解決が、顧問先企業の成長や発展につながる意味でもやりがいを感じる分野です。継続的に企業に関わっていくことで、経営者の良きパートナーとして、企業の成長に少しでも寄与できればうれしく思います。法的リスクに関する課題の解決をはじめ、何かの問題があればいつでもお気軽にご相談ください。

渋谷宮益坂法律事務所
渋谷宮益坂法律事務所
スマホ・携帯からも通話可能
0066-9687-7918
受付時間
平日 9:30〜18:00
メールでお問い合わせ
GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。

対応エリア

東京都渋谷区渋谷1-7-5青山セブンハイツ604

アクセス

渋谷駅から徒歩5分
表参道駅から徒歩8分

お電話でもご予約可能

0066-9687-7918 受付時間平日 9:30〜18:00

渋谷宮益坂法律事務所について

所属弁護士

事務所概要

事務所名 渋谷宮益坂法律事務所
代表者 岩田 裕介・砂子 昌利
住所 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-7-5青山セブンハイツ604
電話番号 0066-9687-7918
受付時間 平日 9:30〜18:00
定休日 土日祝日
備考

お電話での受付窓口

0066-9687-7918 受付時間平日 9:30〜18:00

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2016 Agoora.inc.

TOP