弁護士法人 古河法律事務所

「頼れる身近な法律事務所」が トラブルの芽を事前に摘み取ります

相談料初回無料顧問契約料40,000円/月~
弁護士法人 古河法律事務所弁護士法人 古河法律事務所サムネイル0弁護士法人 古河法律事務所サムネイル1弁護士法人 古河法律事務所サムネイル2

得意分野

  • 顧問
    弁護士
  • 契約書
    作成
  • 債権
    回収
  • 労働
    問題
  • 登記
    不動産
  • 事業
    再生
  • 消費者
    対策
  • 事業
    継承
  • FC
    法律
  • 知的
    財産
  • 海外
    案件
  • IT
    分野

お電話でのご相談窓口

0066-9687-7541 受付時間平日9:00〜21:00、土日祝日9:00~18:00(相談受付のみ)

料金表

月額の顧問料は以下のとおりです(全て消費税抜きの金額です)。
顧問料は提供する法的サービスの内容、事業規模により、増減いたします。
詳しくは弁護士にお問い合わせください。
※原則として、契約期間は1年間となります。

■顧問契約

【法人の場合】
顧問料 月額40,000円~
【個人の場合】
顧問料 月額5,000円~
 

お電話でのご相談窓口

0066-9687-7541 受付時間平日9:00〜21:00、土日祝日9:00~18:00(相談受付のみ)

弁護士法人 古河法律事務所の特徴

茨城県西地区最大規模の法律事務所

経験豊富な4人の弁護士が地域に根差した活動を展開

古河4

古河法律事務所はJR古河駅から徒歩7分の場所にある、「頼れる身近な法律事務所」です。所長弁護士の志村和俊を中心に経験豊富な4人の弁護士が在籍し、地域に根差した活動を展開。茨城県西地区最大規模の法律事務所として、企業法務の分野でも高いノウハウを有しています。

当事務所は弁護士法人であり、個人事務所とは違って永続的に顧問先の法務担当としてサポートしていくことが可能です。また代表弁護士自身が経営者ですから、お客様である経営者の方々とも問題意識を共有でき、組織マネジメントを行う上でのさまざまな悩みや不安について相談に乗ることもできます。

若手弁護士が複数在籍する陣容ですから、フットワークの軽さには自信をもっています。また4人が役割を分担しながら有機的に案件を担当していけるのは当社の大きな強みの1つ。案件を進行していく上でのスピード感を非常に重視し、顧問弁護士を置くことのメリットを最大限に感じていただけるよう尽力しています。

顧問弁護士をつけることのメリットは

トラブルを顕在化させない「予防法務」の役割を担う

古河5

企業にとって、法律に関係するトラブルはいつ起きるかわかりません。取引先との契約のもつれや従業員との労使問題、また売掛金の未回収などもよく起こり得るトラブルでしょう。企業活動におけるリスクヘッジの基本は、トラブルへの迅速な対応はもちろん、それを顕在化させない予防的な対策を日頃から講じておくこと。そして、そのためのサポートを日頃から継続的に行うのが顧問弁護士です。

顧問弁護士がいない企業では、実際に何かのトラブルが起こったときに、「弁護士に相談すべき問題かどうか」について悩むことが多いはず。その判断を誤ったり、対応が遅れてしまうことによって問題が拡大してしまい、取り返しのつかない事態になってしまうケースもあり得ます。顧問弁護士がいることで、悩むことなくすぐに相談できることから、問題の芽がまだ小さなうちに的確な対処がはかれるのです。

加えて、会社の事業内容や風土、経営者の方の人となりなどもよく知っていることから、迅速に効果的な策を講じることが可能。何でも気兼ねなく相談いただくことができ、費用面についてもリーズナブルな対応ができますからメリットは大きいといえるでしょう。

契約書の不備をなくしてリスクを回避

抜け穴のない契約書や合意書の作成が可能になる

古河a6

取引先との契約書や合意書など、書面で取り決めを交わすことは重要です。その際には、中身について細かくチェックすることが必要で、書面の作成やチェックは顧問弁護士にとっての大事な役割といえるものです。

最近では契約書や合意書のフォーマットをインターネットから流用して作成する経営者の方も増えているようですが、そのひな形の多くは個別具体性がないものばかりで、どうしても細部についての記述ができない形になっていることが多くあります。

こうした契約書だと、何かのトラブルが発生した場合に、逆に自社が不利な立場に陥ることになりかねません。相手から届いた書面についての確認とチェック、また新たに契約書を交わす場合に記載すべき事項など、顧問弁護士が携わるからこそ、抜け穴のない確かな書面作成が可能になるといえます。

常に敷居を低くした事務所でありたい

メールや電話でいつでもご相談いただくことが可能

経営者は、従業員が何かのトラブルに巻き込まれた場合や、従業員と取引先との間で発生したトラブルについてもきちんとマネジメントすることが必要です。それが法的リスクを伴う場合には、なおさら早急な対策が重要。「これは大した問題ではない」と高をくくってしまうと、相手のある問題であることが多いですから、問題が紛争化して解決に大きな手間と時間を要することになります。

当事務所では、何よりも敷居を低く、何でも相談してもらえる事務所でありたいという考えから、受付時間を気にすることなく、メールや電話でいつでもご連絡いただくことが可能です。夜間での相談が必要な場合は、それだけ緊急性のある案件ということですから、可能な限り即応しています。

そうした対応を日頃から心がけ、日常の業務の中で安心感を得ていただくのが、顧問弁護士を付けてもらうメリットといえます。当事務所では代表弁護士の携帯番号を顧問先にお教えしていますので、緊急の際には営業時間外でも遠慮なくご相談ください。

顧問弁護士としてのやりがいは

経営者に寄り添い企業成長の手助けをしたい

弁護士にとって、お客様が抱えるトラブルを解決したときが大きなやりがいを感じる瞬間です。顧問弁護士としてのやりがいも同様で、企業活動におけるトラブルや課題を解決すること、またそれが顕在化しないように手を尽くしていくことはとても意義のある仕事です。

特に当事務所の主なお客様である地元の中小企業では、抱える問題は大企業とは質が異なることが多くあり、弁護士による細かなサポートが必要な場合が多いのです。中小企業の経営者の方は、立場として会社の中で孤独になりがちなもの。だからこそ、その思いに寄り添っていきながら、企業が成長していく手助けができればうれしく思います。

古河法律事務所からのメッセージ

企業法務の問題は専門ノウハウを備えた当事務所にお任せを

中小企業の経営者は、まさにさまざまな問題に立ち向かわなければならない立場であり、抱える責任もとても大きなものがあります。経営者の方でなければできない、会社経営という本来の業務に集中していただくためにも、ぜひ企業法務のトラブルや予防は専門的なノウハウを備えた顧問弁護士にお任せください。当事務所が「頼れる身近な法律事務所」として親身にサポートさせていただきます。

弁護士法人 古河法律事務所
弁護士法人 古河法律事務所
スマホ・携帯からも通話可能
0066-9687-7541
受付時間
平日9:00〜21:00、土日祝日9:00~18:00(相談受付のみ)
メールでお問い合わせ
GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。

対応エリア

茨城県古河市中央町一丁目10番30号

アクセス

JR古河駅から徒歩7分

お電話でもご予約可能

0066-9687-7541 受付時間平日9:00〜21:00、土日祝日9:00~18:00(相談受付のみ)

弁護士法人 古河法律事務所について

所属弁護士

事務所概要

事務所名 弁護士法人 古河法律事務所
代表者 志村 和俊
住所 〒306-0033 茨城県古河市中央町一丁目10番30号
電話番号 0066-9687-7541
受付時間 平日9:00〜21:00、土日祝日9:00~18:00(相談受付のみ)
定休日
備考 土日祝日はお電話での相談受付のみとなります。

お電話での受付窓口

0066-9687-7541 受付時間平日9:00〜21:00、土日祝日9:00~18:00(相談受付のみ)

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302 TEL:03-5929-7575
© 2016 Agoora.inc.

TOP